下慎之介(健大高崎)は西武が注目するドラフト候補!名前の由来は?

スポンサーリンク

高崎健康福祉大学高崎高等学校のドラフト候補・下慎之介投手。
成長著しい長身サウスポーです。

エースとして強豪ぞろいの関東大会を制した実力は本物!

すでに西武ライオンズをはじめとする複数のプロ野球チームが注目しています。

プロフィール

名前:下 慎之介(しも しんのすけ)
生年月日:2002年6月8日
出身:群馬県高崎市
身長:182cm
体重:75kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:高崎市立佐野中学校→高崎健康福祉大学高崎高等学校

名前の由来

下投手の名前は「介」の字は違いますが、巨人の阿部慎之助選手の名前から付けられています。

「まだ自分が母のおなかにいる時、巨人ファンの父が観戦に行ったら阿部さんが本塁打を打って、それで名前を決めたみたいです」

日刊スポーツ

下投手が生まれたころの巨人でしたら、もしホームランを打ったのが松井秀喜選手だったら、下秀樹高橋由伸選手だったら、下由伸になっていたかもしれませんね。

この中なら下慎之介が一番素敵な気がします。

ちなみに下投手本人も巨人ファンです。

中学時代

中学時代、下投手は高崎ボーイズでプレー。

中学2年生の夏にはクラブチーム日本一を争うジャイアンツカップに出場し、ベスト8入りを果たしています。

高校時代

中学校卒業後は、高崎健康福祉大学高崎高等学校に進学。

高校では2年夏からベンチ入りします。

2年夏の群馬県大会では、初戦の高崎商大附戦で3番手で登板。

下投手は2/3回を1安打無失点に抑えましたが、チームは7対9で敗れ、まさかの初戦敗退に終わりました。

2年秋の新チームからはエースの座を獲得。

2年秋の群馬大会は2回戦の太田高校戦では10者連続三振を記録するなどの活躍で3位入りに貢献。

続く関東大会では初戦から準決勝まで3試合連続先発。

準決勝では強打の東海大相模を相手に9回6安打2失点の好投を見せています。

決勝での先発は橋本拳汰投手に譲ったものの、見事、関東大会優勝を達成しました。

高校の同期のチームメイトには、こちらもプロ注目の好投手である橋本拳汰投手、戸丸泰吾選手、戸澤昂平選手らがいます。

橋本拳汰投手についてはこちらを→橋本拳汰(健大高崎)はダルビッシュに例えられる長身投手!テレビ出演についても!

プレースタイル

下投手は身長182cm体重75kgのプロ注目のサウスポーです。

ストレートの最速は2年秋に記録した141km/h。

新チームになってから体作りは精力的に行った結果、4キロ体重の増量に成功。

その結果、130km/h台中盤だった球速も、いっきに141km/hを出すまでに成長しました。

球速はまだまだ上がっていきそうですね!

変化球はスライダー、スプリット、カーブ。

三振を多く獲れるピッチャーで、2年秋の群馬県大会と関東大会では8試合48回2/3を投げ、56個の三振を奪っています。

好きな投手は楽天・松井裕樹投手。

健大高崎エース!下慎之介投手の投球練習!2020年ドラフト候補!

スカウトの評価

西武・潮崎哲也編成ディレクター
「体が大きいし、十分可能性はある」

まとめ

下投手は2年秋に急に頭角を現して、注目をされるようになったピッチャーです。

まだまだ伸びしろを十分残しており、2020年のセンバツではどんなピッチングを見せてくれるのか、とても楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする