池田凛(履正社)は山田哲人に憧れる日本一を経験したセカンド!中学時代や身長体重は?

スポンサーリンク

履正社高校ドラフト候補・池田凛選手。

野球センスに優れた好打堅守のセカンドです。

2年夏の甲子園では2番打者として活躍し、日本一に貢献しました。

秋の新チームからは1番打者としてチームを引っ張っています。

プロフィール

名前:池田 凛(いけだ りん)
生年月日:2003年3月9日
出身:大阪府東大阪市
身長:173cm
体重:72kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:セカンド
経歴:東大阪市立英田中学校→履正社高校

中学時代

中学時代、池田凛選手生駒ボーイズに所属。

生駒ボーイズの同期には現花咲徳栄の4番・井上朋也選手がおり、ともに主力として活躍!

特に3年次は3度も全国大会に出場している他、関西選抜にも選ばれています。

生駒ボーイズの練習場は、大阪桐蔭のグラウンドの近くにありました。

池田凛選手は大阪桐蔭のレベルの高い練習を見て
「このチームを倒してみたい」
履正社へ進学しました。

練習を見て、大阪桐蔭に憧れて進学したいと思うのではなく、倒そうと思うところがただものではありませんね!

大阪桐蔭に対しては入学から半年後、1年秋の大阪府大会決勝で早速勝利しており、
「大きな自信になった」
とコメントされています。

高校時代

高校では1年秋からベンチ入り。

1年秋の大阪府大会では最初はベンチを温めていましたが、3回戦の山田戦の終盤に代打で出場。

この打席で、チームを救う同点のタイムリーヒットを放ち、勝負強さをアピール!

すると、次戦からスタメン出場を果たします。

池田凛選手は秋の公式戦では21打数10安打6打点、打率.476、ホームラン2本の大活躍で大阪府大会優勝、近畿大会ベスト4に貢献しました。

2年春のセンバツでは初戦の星稜戦2番セカンドで出場。

星稜奥川恭伸投手の前に4打数0安打2三振に抑えられ、チームも0対3で敗れました。

2年夏の大阪府大会では23打数10安打1打点、打率.435、ホームラン1本の好成績で秋に続いての優勝!

甲子園では22打数8安打2打点、打率.364の活躍で初優勝を達成しました。

高校の同期には将の関本勇輔選手、岩崎峻典投手、島野圭太選手、小深田大地選手などそうそうたるメンバーがいます。

関本勇輔選手についてはこちらを→関本勇輔(履正社)はドラフト候補のキャッチャー!父は元阪神関本賢太郎!

岩崎峻典投手についてはこちらを→岩崎峻典(履正社)はノーノー達成のドラフト候補!名前の読みは?

プレースタイル

池田凛選手バッティングセンスに優れた好打者です。

高校1年生の頃は、履正社岡田龍生監督
「飛ばす技術はあるけれど、パワーがもっとついていけば」
と言うようにパワー不足が見られました。

しかし、下半身強化を意識したウエートトレーニングと3食以外にも休み時間におにぎりを食べるなど間食を増やし、1年の冬の11月から体重が3か月で4キロもアップ!

結果、打撃練習でも
「芯で捕らえ切れていない打球が、今まではフライだったのに外野を超えるようになりました」
とパワーがついたことを実感しています。

打撃と同じくらい高く評価されているのが守備です。

守備機会の多いセカンドを任されながら、2年夏は大阪府大会、甲子園を通じて失策0でした。

憧れの選手は高校の先輩でもあるヤクルト・山田哲人選手。
「(高校の大先輩の)山田哲人(ヤクルト)選手のように確実性の高い打者になりたいです。でも、率を残すだけではなくて飛ばすことも意識していきたいんです」

【’19注目2年生】2番セカンドで甲子園優勝・履正社「池田 凜」打撃まとめ【新チーム1番】

まとめ

履正社は昨年秋の近畿大会でもベスト4に入り、今春のセンバツ出場を確実なものとしています。

最上級生のとなった池田凛選手には攻守でチームを引っ張って、春夏連覇を達成してほしいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする