宮本拓実(仙台育英)はU15日本代表を経験しているドラフト候補!身長や中学時代は?

スポンサーリンク

仙台育英宮本拓実選手。

東北の名門校で2年生からクリーンナップを打つ強打の外野手です。

中学時代にはU15日本代表を経験。

高校でも日本代表に選ばれそうな逸材です!

プロフィール

名前:宮本 拓実(みやもと たくみ)
生年月日:2002年8月3日
出身:宮城県仙台市
身長:180cm
体重:78kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:外野手
家族:両親、兄、祖父母
経歴:仙台市立袋原小学校→秀光中等教育学校→仙台育英高校

小中学時代

宮本拓実選手小学1年生から「袋原スポーツ育成会野球部」軟式野球を始めました。

小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、楽天ジュニア入りを経験。

この時の楽天ジュニアのメンバーには、沖政宗投手(現・磐城)、小吹悠人選手(現・山梨学院)ら現在、強豪校の主力として活躍しているそうそうたるメンバーがいました。

中学からは仙台育英の系列校である秀光中等教育学校に進学します。

1年春からベンチ入り。

中学時代には主にピッチャーとしてプレーしていた宮本選手は、3年次には主将・4番・エースとして活躍!

全日本少年春季軟式野球大会全国中学軟式野球大会ではいずれもベスト4入りを果たしています。

U-15日本代表

3年の冬にはU-15日本代表に選ばれ、「BFA U-15アジア選手権」に出場。


この時には打力を活かして主に代打として活躍!

香港戦では代打でいきなり満塁ホームランを放つと、続く台湾戦でも代打タイムリーツーベースヒットを放つなど、合計7打数3安打7打点の成績で優勝に貢献しました。

高校時代

仙台育英では1年生からベンチ入り。

打力を活かしてレフトレギュラーを獲得し、2年夏の宮城県大会では17打数4安打4打点、打率.235の成績で優勝に貢献しました。

続く夏の甲子園では全4試合2番・レフトで出場。

17打数6安打5打点、打率.353の活躍でベスト8入りを果たしています。

2年秋からはクリーンナップを打ち、秋の宮城県大会&東北大会優勝を達成しました。

高校の同期にはプロ注目の大型ショート・入江大樹選手、向坂優太郎投手らがいます。

入江大樹選手についてはこちらを→入江大樹(仙台育英)は坂本2世の大型ショート!身長や体重は?ドラフト注目!

向坂優太郎投手についてはこちらを→向坂優太郎|仙台育英を支えるサウスポーエースの中学時代は?身長や体重も!

プレースタイル

宮本拓実選手は広角に長打を放てる左の外野手。

2年夏の宮城大会では2本のスリーベースを記録した俊足に加え、隙を見てセフティーバントを決める器用さも併せ持っています。


また、中学時代には軟式球で139km/hを計測した強肩の持ち主です。

まとめ

類まれな野球センスを持つ宮本拓実選手。

3年次の甲子園で活躍し、高校でも日本代表に選ばれれば、高卒でのプロ入りの可能性もぐっと高まると思いますね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする