西村友哉(中京大中京)はNOMOジャパン出身の野球選手!ドラフト注目!身長は?

スポンサーリンク

中京大中京のリードオフマン・西村友哉選手。

パンチ力とスピードを兼ね備えたプロ注目の外野手です。

2年秋には攻守でチームを引っ張り、愛知県大会、東海大会、明治神宮大会すべてで優勝を果たしています。

プロフィール

名前:西村 友哉(にしむら ともや)
出身:愛知県東海市
身長:174cm
体重:70kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
経歴:東海市立加木屋中学校→中京大中京高校

小学生時代

小学生時代、西村友哉選手はツースリー大府でプレー。

ツースリー大府の1学年上のチームメイトには2019年中日ドラフト1位の石川昂弥選手らがいました。

小学6年生の時にセレクションを勝ち抜き、中日ドラゴンズジュニア入り。

中日ドラゴンズジュニアでは、高校でチームメイトとなる印出太一選手や高橋宏斗投手らとともにプレーしました。

中学時代

中学時代は東海中央ボーイズに所属。

現在は外野手西村友哉選手ですが、中学まではショートとしてプレーしていました。

中学3年生の時にはボーイズ選手権大会に出場し、ベスト8に入っています。

また、夏には「NOMOジャパン」に選出。

「NOMOジャパン」というのは、元メジャーリガーの野茂英雄さん総監督を務める選抜チームです。

全国でわずか15名しか選ばれません。

「NOMOジャパン」では小深田大地選手(現・履正社)、橋本拳汰投手(現・健大高崎)らとともにアメリカ遠征を経験しました。

高校時代

中学卒業後は、中京大中京高校に進学。

高校では1年から控えとしてベンチ入り。

1年秋からセンターのレギュラーを獲得すると、1番打者としてチームを引っ張り、愛知県大会準優勝、東海大会ベスト4に貢献しました。

2年夏の愛知県大会では17打数10安打4打点、打率.588、ホームラン2本の大活躍!

しかし、準決勝優勝した誉高校4対5で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

2年生の秋愛知県大会&東海大会優勝!


続く各地区の優勝チームが集められた明治神宮大会でも13打数4安打、打率.308の活躍で日本一を達成しました。

高校の同期のチームメイトには高橋宏斗投手、松島元希投手、印出太一選手、中山礼都選手らがいます。

高橋宏斗投手についてはこちらを→高橋宏斗(中京大中京)は2020年ドラフト1位候補のピッチャー!中日が指名?

印出太一選手についてはこちらを→印出太一(中京大中京)は堂林2世と呼ばれる強打のキャッチャー!

中山礼都選手についてはこちらを→中山礼都(中京大中京)は1年から活躍するドラフト候補のショート!名前の読みは?

プレースタイル

西村友哉選手走攻守の三拍子揃った外野手です。

50メートル6秒0の俊足に加え、高校通算15本塁打のパンチ力も魅力。

センターからダイレクトで返球するなど肩も強いです。

自分の長所として
「盗塁や広い守備範囲など、スピードを生かしたプレー」
を挙げています。

【ドラフト候補だらけの中京大中京】センター西村友哉のバッティング 【第50回明治神宮野球大会 中京大中京VS天理2019年11月18日】

スカウトの評価

中日・中原勇一スカウト
「(高橋・印出・中山・西村の4選手について)このセンターラインは凄いです」

まとめ

2年秋明治神宮大会で優勝している中京大中京2020年の選抜大会でも優勝候補の筆頭です!

西村友哉選手には初めての甲子園でも日本一を目指して、大暴れしてほしいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする