加藤響(東海大相模)はプロ野球選手を目指すドラフト候補!中学時代や身長は?

スポンサーリンク

東海大相模ドラフト候補・加藤響選手。

走攻守三拍子そろったプロ注目の内野手です。

入学直後の1年春の関東大会からショートでスタメン出場し、スーパールーキーとして注目を集めていました。

加藤響選手高卒でのプロ入りを目指しており、最終学年の今年は更なる活躍が期待されています。

加藤響のプロフィール

名前:加藤 響(かとう ひびき)
出身:神川県厚木市
身長:180cm
体重:80kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ショート兼セカンド兼サード
経歴:厚木市立厚木中学校→東海大相模高校

加藤響の小学生時代

加藤響選手は野球経験者の父の影響小学1年生から野球を始めました。

しかし、小学3年まで続けたものの、「おもしろくない」と野球を辞め、バスケットボールに転向してしまいます。

加藤響選手が野球の世界に帰ってきたのは、巨人の坂本勇人選手の影響です。

小学5年冬、テレビで坂本勇人選手の活躍を見て
「坂本さんみたいになりたい」
と再び、茅ヶ崎リトルで野球を始めました。

加藤響選手の才能は素晴らしく、翌年には約660人の応募から、わずか18人しか選ばれない横浜DeNAベイスターズジュニアに選出されています。

加藤響の中学時代

中学時代は海老名リトルシニアに所属。

中学3年次には4番ショートとしてプレーし、ベイスターズカップで準優勝するなど活躍を見せていました。

加藤響の高校時代

中学卒業後は、地元の名門・東海大相模に進学します。

入学してわずか1カ月半後の春季関東大会ではケガをした小松勇輝選手(現・東海大学)に代わり、7番ショートでスタメン出場。

2回戦(初戦)の花咲徳栄戦でいきなり4打数2安打1打点と活躍すると、続く準々決勝の常総学院戦でもマルチヒットを記録!

”スーパールーキー”として注目を集めました。

2年夏の神奈川県大会には背番号14を付けて臨み、14打数7安打7打点、打率.500、ホームラン1本の活躍で優勝に貢献しました。


その功績が認められ、2年夏の甲子園では背番号4に昇格!

初戦(2回戦)の近江高校戦には9番・セカンドとして出場しましたが、2打数0安打1三振に終わり、続く3回戦の中京学院大中京戦では出場はありませんでした。

2年秋新チームでは主にセカンドサードで出場。

2番打者として攻守でチームを引っ張り、秋の神奈川県大会優勝&関東大会ベスト4に貢献しました。

加藤響のプレースタイル

加藤響選手俊足巧打の内野手です。

バットコントロールに優れているだけではなく、甘い球を見逃さないパンチ力も魅力。

2年秋の練習試合では1試合3本のホームランを記録したこともあります。

本人も
「長打、短打どちらも打てることが自分の持ち味」
と語っています。

50メートル6秒2。

【満塁ホームラン】東海大相模 加藤響(2年)初球を振り抜きレフトスタンドへ 2019/10/19 秋季関東大会 駿台甲府戦

加藤響のまとめ

東海大相模は2020年のセンバツ出場を決めています。

甲子園でどんな活躍をするかによって、加藤響選手の今後が決まってきそうです。

チームを日本一に導くような活躍を期待したいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする