知田爽汰(星稜)はドラフト注目の強打者!中学時代や身長体重や名前の読みは?

スポンサーリンク

星稜高校のドラフト候補・知田爽汰選手。

1年生から強豪・星稜高校クリーナップを任されている強打の内野手です。

履正社高校に敗れた2年夏の甲子園決勝では、最後のバッターになるという悔しい経験をしており、日本一に賭ける想いは誰よりも強いものがあります。

知田爽汰のプロフィール

名前:知田 爽汰(ちだ そうた)
生年月日:2002年7月22日
出身:石川県石川市
身長:174cm
体重:75kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:三塁手
経歴:星稜中学校→星稜高校

知田爽汰の小中学時代

知田爽汰選手は、兄の影響小学1年生から千坂ファイターズ軟式野球を始めました。

当時のポジションはピッチャー。

小学校卒業後は星稜中学に進学します。

中学でもエースを目指していましたが、

中学2年の時に指をケガしたことと、チームメイトの荻原吟哉投手が急成長を見せていたことにより、徐々に打者に重きを置くようになっていきす。

それでも、3年春の全日本少年春季軟式野球大会では決勝で先発するなど、投手としても活躍し、優勝に大きく貢献しました。

知田爽汰の高校時代

星陵高校に進学後は、1年秋からサードレギュラーを獲得。

打順もクリーンナップを任されます。

秋の公式戦では49打数15安打9打点、打率.306の活躍で、秋季石川県大会&北信越大会優勝に貢献しました。

甲子園にはここまで2年春のセンバツ2年夏2度出場しています。

2年春のセンバツでは全2試合に3番・サードで出場。

8打数3安打1打点、打率.375の成績を残しましたが、2回戦で準優勝した習志野高校に1対3で敗れました。

2年夏の甲子園では全6試合に3番・サードで出場し、29打数9安打2打点、打率.310の好成績を残しています。。

ラストバッター

この大会ではエース・奥川恭伸投手(現・ヤクルト)の活躍もあり、星稜高校は決勝まで進出しました。

決勝では履正社に3対5で敗れていますが、この試合で最後のバッターとなったのは知田爽汰選手でした。

2点を追う9回1死一、二塁のチャンスに左打席に立った知田は二ゴロ併殺打に倒れ、最後の打者となった。「カットボールを打たされた。ゲッツーだけは避けようと思ったが…。3年生と日本一長く野球はできたが、最後は笑って終わりたかったので悔しい」と唇をかんだ。

スポーツ報知

知田爽汰選手は甲子園の土を持ち帰らずに球場を後にしています。

成長して再び甲子園に帰ってくる日が楽しみですね!

知田爽汰のプレースタイル

知田爽汰選手バッティングセンスに優れた強打者です。

これまで2度出場している甲子園ではいずれも3割以上の打率を記録しています。

下級生の頃は左投手に弱く、本人も「苦手意識があった」と言っていましたが、現在では克服しており、全く苦にしていません。

元々ピッチャーだったこともあり、遠投100メートルと肩も強いです。

このことはサードを守るうえでも大きな武器になっていますね。

50メートル6秒2

【星稜のプロ注目スラッガー/右翼越え2ランホームラン(マルチアングルver.)】星稜高2年生・ 知田 爽汰(星稜中)

知田爽汰のまとめ

今年の星稜高校は知田爽汰選手の他にも、内山壮真選手や荻原吟哉投手、寺西成騎投手など前年の主力が多数残っており、甲子園でも優勝が狙えるチームです。

ぜひ、日本一を達成して、昨年夏の悔しい想いを喜びに変えてほしいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする