渡邉旭(仙台育英)の小学/中学校や身長や体重は?兄もいわきボーイズ出身!

スポンサーリンク

今年の仙台育英は1年生がすごい!

投のスーパールーキーが中学時代に全国大会で準優勝した笹倉世凪投手伊藤樹投手ならば、打のスーパールーキーは、1年生からスタメンで出場しているショートの渡邉旭選手とキャッチャーの木村航大選手です。

今回はその中から渡邉旭選手について調べて見ました。

プロフィール

名前:渡邉 旭(わたなべ あさひ)
出身:福島県いわき市
身長:167cm
体重:60kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ショート
経歴:いわき市立平第二小学校→いわき市立平第二中学校→仙台育英高校

小中学生時代

渡邉選手は小学生から「マツザキガーデンジュニア」で野球を始めました。

かなり早い段階から野球の才能を発揮していて、小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、東北楽天ゴールデンイーグルスジュニアに選ばれています。

ちなみにこの時の楽天ジュニアには、現在、仙台育英で一緒にプレーしている笹倉世凪投手伊藤樹投手も選ばれていました。

中学時代は強豪・いわきボーイズでプレー。

中学3年生の時には、東北選抜の主将として「日本少年野球東日本報知オールスター戦」に出場しています。

高校時代

中学卒業後は、宮城県にある仙台育英高校に進学。

高校では、1学年上の入江大樹選手がケガをしてしたこともあり、入学直後の1年春の宮城県中部地区大会からショートのスタメンで試合に出場します。

主に1番・ショートとして活躍し、優勝に貢献しました。

1年夏の宮城県大会では、入江選手の復帰で控えに回りますが、代打での出場を中心に3試合に出場し、優勝を経験します。

→須江航監督は中学軟式野球界の名将!経歴や指導法は?

→仙台育英野球部メンバー2019!出身中学と注目選手!

プレースタイル

渡邉選手は抜群の野球センス持ったショートです。

穴の無いバッティングで広角にヒットを放ち、チャンスメイクをします。

このバッティングを支えているのは、並外れたバットスイングのスピードです。

一般的な高校生の平均は120km/h前後と言われていますが、渡邉選手は中学2年生時ですでに128.7km/hを計測していました。

守備では本職のショートの他にもセカンドも守る器用さも持っています。

また、相手の隙をついて、次の塁を奪う積極走塁も魅力です。

渡邉旭選手の4学年上の兄・渡邉翔選手も小学生時代には東北楽天ゴールデンイーグルスジュニアにも選ばれていたすごい選手です。

中学時代は旭選手と同じいわきボーイズでプレー。

中学3年生の時にはU-15日本代表にも選ばれ、世界大会にも出場しています。

中学卒業後は横浜高校に進学。

横浜高校では2年生の時にショートのレギュラーとして甲子園に出場しています。

現在は富士大学で野球を続けていて、将来は兄弟でのプロ入りも夢でありません!

まとめ

今年の仙台育英の1年生には本当にすばらしい選手がそろっていますね。

黄金世代と言ってもいいと思います。

ぜひ、渡邉旭選手たちが中心となってチームを引っ張り、宮城県に初の甲子園優勝をもたらしてほしいものです。

◼️甲子園2019夏の注目選手・投手(ピッチャー)編!

◼️甲子園2019夏の注目選手・打者(野手)編!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする