下山昂大(八戸学院光星)は二刀流のドラフト候補!令和初本塁打!

スポンサーリンク

甲子園での令和初ホームランを満塁ホームランでド派手に決めた八戸学院光星の下山昂大選手。
下山選手は、県外からの野球留学生が多い八戸学院光星で唯一の青森県出身のレギュラーでもあります。
果たして下山選手とは、どんな選手なのでしょうか?

プロフィール

名前:下山 昂大(しもやま こうだい)
生年月日:2001年7月27日
出身:青森県弘前市
身長:170cm
体重:77kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:三塁手兼投手
家族:両親、祖父母、兄
趣味:釣り
経歴:弘前第四中学校→八戸学院光星高校

小中学時代

下山選手は小学1年でから「桔梗野ボンバーズ」で野球を始めました。
小学6年生の時には楽天ジュニアに選出され、NPBジュニアトーナメントに出場しています。
中学時代は「弘前白神リトルシニア」でプレー。

高校時代

高校では1年秋からベンチ入りします。
2年生夏の青森県大会にはサードのレギュラーとして出場。
11打数4安打3打点1本塁打の活躍で、優勝に貢献しました。

続く甲子園では2試合にスタメン出場しましたが、ノーヒットに終わり、チームも2回戦で龍谷大平安に敗れています。

2年秋の新チームからはピッチャーにも挑戦。
2年秋の公式戦では投手と野手の両方で活躍し、青森県大会&東北大会優勝に貢献しました。

翌3年春のセンバツでは6番サードで出場。
3打数1安打の成績を残しましたが、チームは広陵のエース・河野佳投手に無得点に抑えられ、0対2で敗れえいます。

3年夏の青森県大会では、
打者としては15打数5安打5打点、1本塁打、
投手としては10回を投げ、7奪三振、5失点の成績で2年連続の甲子園出場を果たしました。

令和初ホームラン

2019年の甲子園開幕戦では、初回いきなり満塁のチャンスに打席に立った下山選手は、
「とにかく先制しよう」
と内角低めのストレートをフルスイング。
打球はレフトスタンドに吸い込まれ、令和初のホームランとなります!
スタンドで見守っていた父・卓哉さんは
「歴史に残る一本で今まで頑張ってきたかいがあったと思う」
と感慨深そうにコメントされていました。

ちなみに甲子園での令和初ホームランは、八戸学院光星の下山選手ですが、
プロ野球での令和初ホームランは八戸学院光星OBの坂本勇人選手(巨人)でした。
このことについて坂本選手は
「甲子園での令和初勝利と初ホームランおめでとうございます。テレビで見ていました。(自身がプロでの令和初本塁打のため)縁を感じますね。目の前の一戦一戦悔いのないように最高の準備をして頑張ってほしいです」
と後輩に応援のメッセージを送っていました。

高校の同期のチームメイトには“坂本2世”と呼ばれるプロ注目のショート・武岡龍世選手や青森県大会6本塁打の近藤遼一選手らがいます。

プレースタイル

下山選手は強打の三塁手兼投手。
身長170cmと小柄ですが、110kgのベンチプレスを上げるほどのパワーの持ち主です。
投手としてもサイドスロー気味のフォームから140km/h近いストレートを投げます。
投手と野手の両方やることについて
「両立は大変だけれども重要な役割でやりがいがあります」
50メートル6.4秒。

まとめ

初戦では、打者で活躍した下山選手。
できれば次はピッチャーでの活躍も見てみたいですね!
そして、将来はプロで先輩の坂本選手とホームランの共演を見せてほしいです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする