塚本大夢(智弁学園)はドラフト候補の内野手!父についても!

スポンサーリンク

智弁学園のドラフト候補・塚本大夢選手。
俊足・強肩・強打と3拍子そろったプロ注目の内野手です。
高校3年夏の奈良県大会では3本ものホームランを放って、優勝に貢献しました。
この塚本選手、コアな高校野球ファンの方は知っているかもしれませんが、一般にはまだあまり知られていない選手です。
将来は間違いなくプロで活躍する選手です!
もっと注目されていい選手だと思いますね。

プロフィール

名前:塚本 大夢(つかも とひろむ)
出身:奈良県
身長:170cm
体重:80kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:三塁手
経歴:奈良大附属中学校→智弁学園

中学時代

中学時代、塚本選手は「奈良西シニア」に所属。
主にサードとして活躍し、中学2年の冬には関西選抜の一員として台北国際AA野球大会に出場しています。
所属チームでも中学3年生の時にリトルシニア全国選抜野球大会に出場しました。(結果は2回戦敗退)

高校時代

高校では1年生からベンチ入り。
1年秋には控えとして奈良県大会優勝、近畿大会ベスト8を経験。
翌2年春のセンバツからサードのレギュラーを獲得します。
全2試合に6番サードでスタメン出場しましたが、ノーヒットに終わっています。
大会終了後には智弁学園の小坂将商監督から
「夏に打てるように、悔しさを持って練習しろ」
と励まされると、
2年春の奈良県大会では5試合で6本塁打の大活躍で優勝に貢献しました。

2年夏の奈良県大会では、クリーンナップを任されましたが、準決勝で天理高校に敗退。
2年秋の奈良県大会では、準々決勝でまたもやライバルの天理高校にコールド負け。

3年夏の奈良県大会では全試合で1番サードで出場し、20打数9安打7打点、ホームラン3本の活躍で優勝を達成しました。

プレースタイル

塚本選手は身長170cmと小柄ながら、高い身体能力持った三塁手です。
50メートル5秒9。
遠投100メートル。
1年秋には試合中の守りであばら骨を折るほどのアクシデントに見舞われたことがありましたが、その時にもつかんだボールだけは離さなかったほどのファイトの持ち主です。

サイクルヒット

塚本投手の能力の高さを良く表しているのが、高校の公式戦だけでサイクルヒット3回達成という記録です。
サイクルヒットを達成するためには、一試合で一人の打者が、シングルヒット、ツーベース、スリーベース、ホームランの全てを記録する必要があります。
要するに
ホームランが打てるだけのパワー、
スリーベースを打つための足の速さ、
一試合でヒットを4本打つためのミート力、
全てを兼ね備えた選手にしかできないということです。
これを3度も達成している塚本選手は本当にすごいですね!
すごすぎると言ってもいいレベルだと思います。

塚本選手の父・亮介さんも元高校球児です。
高校時代は愛媛県の今治西高校でプレー。
高校3年の夏には愛媛県大会の決勝まで進みましたが、決勝で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。
塚本選手は
「甲子園で活躍し、父に恩返しをしたい」
と父の果たせなかった想いを背負ってプレーする覚悟です。

まとめ

この夏、自身2度目の甲子園に出場する塚本選手。
前回出場した2年春のセンバツではノーヒットに終わっていますが、今回は活躍してくれるはずです。
みなさんもぜひ塚本選手に注目してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする