木村航大(仙台育英)は強打のキャッチャー!41年ぶりの大記録とは?

スポンサーリンク

今年の仙台育英は1年生がすごい!

投のスーパールーキーが中学時代に全国大会で準優勝した笹倉世凪投手伊藤樹投手ならば、打のスーパールーキーは、1年生から試合に出場しているショートの渡邉旭選手とキャッチャーの木村航大選手です。

今回はその中から木村航大選手について調べて見ました。

プロフィール

名前:木村 航大(きむら こうだい)
身長:170cm
体重:70kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:秀光中等教育学校→仙台育英高校

中学時代

中学時代、木村選手は秀光中等教育学校軟式野球部に所属。

秀光中等教育学校とは仙台育英の系列の中学校です。

2年生の冬までは、仙台育英の現監督の須江航さんが監督をされていました。

木村選手は1年生からレギュラーを獲得。

仙台育英でも一緒にプレーしている笹倉世凪投手伊藤樹投手らとともに活躍し、全国大会にも3年連続で出場しています。

全国大会では1年生と2年生の時はベスト4。

中学3年の全国大会では、決勝でタイブレークの末、中学で150km/hの森木大智投手(現・高知高校)のいた高知中学に敗れ、準優勝という結果でした。

惜しいところまでは行きながら一度も日本一になれなかった木村選手としては、高校ではぜひとも日本一になりたいところでしょうね。

高校時代

中学卒業後は、仙台育英に進学。

高校では1年春からベンチ入りを果たします。

1年夏の宮城県大会では、背番号12ながら全6試合に出場。

10打数3安打3打点、打率.300の成績で優勝に貢献しました。

41年ぶり1年バッテリー

甲子園ではレギュラーを示す背番号2を付けてプレー。

初戦の長野・飯山高校戦では、同じ1年生の笹倉投手とバッテリーを組み、スタメン出場します。

夏の甲子園では1年バッテリーが先発するのは、1978年以来41年ぶり、48年の学制改革後では3度目となる大記録でした。

木村選手は笹倉投手をはじめ、仙台育英の4人の投手を巧みにリードし、相手の攻撃を1点に抑えます。

打つ方でも4打数3安打1盗塁と活躍し、20対1で勝利しました。

→仙台育英野球部メンバー2019!出身中学と注目選手!

→須江航監督は中学軟式野球界の名将!経歴や指導法は?

プレースタイル

木村選手は強肩強打のキャッチャーです

肩は非常に強く、二塁送球タイムは1年生ながら2秒を切ります。
(※通常、二塁送球タイムは2秒を切ると強肩と言われます)

また、ミート力に優れ、バッティングも得意です。

中学時代には4番打者として活躍していました。

まとめ

今年の仙台育英の1年生には本当にすばらしい選手がそろっていますね。

黄金世代と言ってもいいと思います。

ぜひ、木村選手たちがいる高校3年の間に、東北初の甲子園優勝を達成してほしいですね。

◼️甲子園2019夏の注目選手・打者(野手)編!

◼️甲子園2019夏の注目選手・投手(ピッチャー)編!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする