根本翔吾(習志野)の出身小学校や中学校は?真面目な性格で俊足の主将!

スポンサーリンク

2019センバツ準優勝の習志野高校の主将・根本翔吾選手
名門・習志野で1年秋からセンターのレギュラーを務める俊足巧打の外野手です。
主将としてプレーだけではなく、精神面からもチームを支えています。

プロフィール

名前:根本 翔吾(ねもと しょうご)
出身:千葉県成田市
身長:171cm
体重:65kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:外野手
経歴:成田市立豊住小学校→成田中学校→習志野高校

小学生時代

根本選手は成田市の北部、「コンビニも自転車で20分の田舎」で生まれ育ちました。
実家はコメ農家で、幼い頃は田畑を走り回って遊んでいたそうです。
そんな根本選手は小学校1年生から「豊住ヤンガーズ」で軟式野球を始めました。
根本選手は左投げですが、チームの人数が少ないこともあり、投手兼捕手としてプレー。
チームには今年のドラフト候補・根本太一投手(木更津総合)がいて一緒にバッテリーを組むこともありました。
ちなみに根本翔吾選手と根本太一投手は親戚ではありませんが、通っていた小学校中学校は同じだそうです。

中学時代

中学時代は、名門・佐倉シニアに所属。
中学2年生から外野のレギュラーを獲得。
中学3年生の時にジャイアンツカップでベスト4の成績を残しています

中学卒業後は、佐倉シニアのOBの加藤駿選手(現・東京情報大)が習志野高校で活躍しているのを見て、同校に進学しました。

高校時代

高校では1年秋からレギュラーの座を獲得。
2年秋からは主将を務めます。

2人の主将

習志野高校は全国でも珍しく「2人主将制」を取っています。
最初は根本選手1人がキャプテンでしたが、
「ベンチ入りの半分が1年生のチーム。竹縄にも負担してもらった」
との習志野・小林徹監督の考えで、2年秋の関東大会から竹縄俊希選手と2人でキャプテンを務めるようになりました。

2年秋には3番センターとして活躍し、千葉県大会準優勝、関東大会ベスト4に入ります。

翌3年春のセンバツでは1、2回戦には3番センターで出場。
しかし、2回戦で右足足関節を打撲し、準々決勝は無念の欠場。
準決勝から1番センターでスタメンに復帰すると、攻守で活躍し、準優勝に貢献しました。

3年夏の千葉県大会では、準決勝で小学校時代のチームメイトの根本太一投手のいる木更津総合と対戦。
9回までリードを許す苦しい戦いでしたが、9回2死から同点に追いつき、延長11回にサヨナラで勝ちを収めました。
決勝では根本選手の先頭打者ホームランで流れを呼び込み、8対1で八千代松陰に快勝!
2季連続の甲子園出場を果たしています。

プレースタイル

根本選手は走・攻・守の3拍子そろった外野手です。
50m6秒1の俊足が一番の武器。
また、その足を活かしたとても広い守備範囲の持ち主です。
肩も強く、2年秋の関東大会・桐生第一戦では延長13回裏のピンチにセンターからの見事なバックホームでランナーをアウトにし、サヨナラを防いでいます。
こちらがその時の動画です。

【奇跡のバックホーム 再び】習志野 根本翔吾 延長13回裏 桐生第一 工藤ナイジェルの中飛を刺しサヨナラ阻止!! 2018/10/21関東大会

習志野版〝奇跡のバックホーム”と呼ばれています。

根本選手の性格は、小林徹監督が「純粋」と形容するほどまじめです。
「味わったすべてを後輩に伝えるのが自分の役目」
と誰よりも全力で走り、率先して雑用もこなします。

まとめ

2年春のセンバツでは準優勝に終わった習志野高校。
夏の目標は日本一だけです!
優勝するためには主将である根本選手の働きが重要になってくると思いますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする