土屋大和(関東第一)はイケメンエース!全中準優勝をバネに日本一を目指す!

スポンサーリンク

関東第一のエース・土屋大和投手。
球のキレとコントロールで勝負する技巧派ピッチャーです。
中学3年の夏には全国中学校軟式野球大会(全中)で準優勝を経験しています。
そして、なにより土屋投手はイケメン!
今年の甲子園に出場したピッチャーの中では、岡山学芸館の中川響投手と並んで、ツートップと言われています。

プロフィール

名前:土屋 大和(つちや やまと)
生年月日:2001年12月1日
出身:東京・江戸川区
身長:175cm
体重:74kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:江戸川区立上一色中学校→関東第一高校

小中学時代

土屋投手は小学1年生から「雷サンダース」で野球を始めました。

小6年生の時にはエース兼主将として「小学生の甲子園」と呼ばれる全日本学童大会に出場しています。

また、小学6年生まではクラブチームと並行して、ジャイアンツアカデミーにも所属していました。

中学時代は軟式野球部に所属。

中学のチームメイトには専大松戸のエース・横山陸人投手がいて、3年の夏には全国中学校軟式野球大会の決勝まで進んでいます。

決勝相手は、現・星稜高校バッテリーの奥川恭伸投手山瀬慎之助捕手のいたかほく市立宇ノ気中学校でした。

土屋投手はこの試合に2番手で登板しましたが、1対2で敗れ、準優勝に終わっています

今年の甲子園には星稜高校も出場してきていますので、再戦があるのかにも注目ですね!

高校時代

中学卒業後は関東第一高校に進学。

実は土屋投手は中学時代に右ヒジを故障していて、痛みは高校に入ってからも続いていました。

関東第一の米沢貴光監督から「3年夏をゴールに」と諭され、地道な体づくりと美しいフォームの維持に努めます。

高校入学時は身長171cm体重60kgと線が細かった土屋投手でしたが、徹底的に下半身を鍛え、14kgの増量に成功しました。

高校では2年秋から本格的に投げ始めて、3年春の都大会からは背番号1を付けて登板します。

春季東京都大会では3試合に先発し、ベスト4入りに貢献しました。
した。

3年夏の東東京都大会では、3試合に登板。
18回を投げ、被安打17、奪三振12、失点4の成績で優勝!
甲子園出場を達成しました。

プレースタイル

土屋投手は制球力に優れた技巧派ピッチャーです。

最速140km/hのストレートにカーブ、縦のスライダー、チェンジアップなどの変化球を織り交ぜて、打たせて取るピッチングスタイルです。

球速よりコントロールとキレで勝負するタイプのピッチャーですが、このようなタイプになろうと決心したのには同級生に谷幸之助投手の存在がありました。
「硬式を元々やっていた谷はボールが速かったので、球速の部分では勝てないと感じました。なので、自分はコントロールとボールのキレを持ち味にして勝負しようと思いました。」
と語っています。

同学年にライバルとなる好投手がいたことで、成長でき、甲子園出場につながっていったんですね。

イケメン

土屋投手のイケメンっぷりは、ネット上でも話題になっています。

これから勝ち進むにつれて、ますます女性ファンが増えていくでしょうね。

まとめ

「甲子園で優勝する気持ちで入学してきたので、仲間と必ず達成したい」
と言う土屋投手。
中学時代には惜しくも日本一に届きませんでしたが、高校では土屋投手の活躍で日本一を達成してほしいですね。

菅野智之のピッチングバイブル/菅野智之【合計3000円以上で送料無料】
created by Rinker
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする