横山陽樹(作新学院)は中学日本代表の4番で世界一を経験!名前の読みは?

スポンサーリンク

作新学院のドラフト候補・横山陽樹選手。
中学時代にはボーイズリーグの日本代表の4番打者として世界一を達成している強打者です。
高校に入ってからも、活躍を続けていて、2年夏には早くも高校日本代表外野手として選ばれています。
しかも、横山選手の本職はキャッチャー!と言うから驚きですね!
今回は、2020年の高校野球界の話題の中心になるであろう横山陽樹選手について調べて見ました。

プロフィール

名前:横山 陽樹(よこやま はるき)
生年月日:2003年1月25日
出身:栃木県宇都宮市
身長:178cm
体重:76kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手兼捕手
家族は父、母、兄1人
経歴:宇都宮市立河内中学校→作新学院

小中学時代

横山選手はお兄さんの影響で小学1年生から「奈坪クラブ」で野球を始めました。
中学時代は「栃木さくらボーイズ」に所属。
中学3年生の時にはボーイズ日本代表に選出され、2017世界少年野球大会に出場します。
細川凌平選手(現・智弁和歌山)、井上朋也選手(現・花咲徳栄)ら豪華なメンバーの中で4番を打ち打率5割の活躍で世界一を達成しました。

高校時代

中学卒業後は、作新学院に進学。
高校に入ってからチーム事情により外野の練習を始めました。
1年夏の栃木県大会ではベンチ外でしたが、チームが優勝して甲子園に進むと、
「勝ちに行くチームを作るためには変化が必要」
との作新学院の小針崇宏監督の考えから、1番ライトに抜擢されます。
甲子園では初戦で大阪桐蔭と対戦。
横山選手は、大阪桐蔭のエース・柿木蓮投手(現・日本ハム)から2本のヒット放ちます。
しかし、1点を追う8回2死二塁のピンチには、藤原恭大選手(現・ロッテ)のライト前ヒットを「自分が刺せば流れがくると思った」と全力で突っ込んだ結果、後逸。
打者走者の藤原選手も生還し、試合を決定づける失策となってしまいました。
これに関しては、外野を始めたのが高校からで、しかも、県大会には出場しておらず、経験不足が出た感じでかわいそうでしたね。

2年生夏の栃木県大会ではセンターのレギュラーとして出場。
21打数8安打5打点、打率.381の成績で9年連続の甲子園出場に貢献しました。
続く甲子園では全3試合に5番センターで出場。
14打数8安打4打点、打率.571の大活躍で、ベスト8入りに貢献しました。

この活躍が認められ、大会終了後には2年生ながら、高校日本代表に選ばれています。

プレースタイル

横山選手は強肩強打の外野手兼キャッチャーです。
中学時代に通算61本塁打をマークし、捕手として高い盗塁阻止率を誇っていました。
遠投は中学3年の時点で90メートル超え

まとめ

横山選手の夢は「甲子園で活躍して、プロ野球でプレーしたい」です。
本人が望めば、高卒でのプロ入りは間違いないですね。
あとは、外野手としてプロ入りするか、キャッチャーでプロ入りするか、こちらも本人の選択次第です。
個人的には打てるキャッチャーは希少なので、キャッチャーでプロに行ってほしいのですが、果たして横山選手の決断は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする