鵜沼魁斗(東海大相模)は2020年高校ナンバー1外野手!名前の読みは?

スポンサーリンク

東海大相模のドラフト候補・鵜沼魁斗選手。
2年生にして高校日本代表に選ばれているプロ注目の外野手です。
2020年ドラフト候補の高校生外野手には、明石商業の来田涼斗選手、同じ東海大相模の西川僚祐選手などすばらしい選手がいっぱいいます。
それでも、2年生で日本代表に選ばれているところをみると、現状、鵜沼選手が高校ナンバー1外野手と言っていいのではないでしょうか。

プロフィール

名前:鵜沼 魁斗(うぬま かいと)
出身:千葉県千葉市
身長:175cm
体重:74kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
経歴:千葉市立生浜中学校→東海大相模高校

小中学時代

鵜沼選手は小学生から「仁戸名ファミリーズ」で野球を始めました。
中学時代は「千葉西リトルシニア」に所属。
千葉西リトルシニアはOBに、小笠原道大中日二軍監督山下斐紹選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)らがいる名門チームです。
また、鵜沼選手の同期にも、埼玉の強豪・花咲徳栄高校で2年生からレギュラーとして活躍している田村大哉選手らがいました。

高校時代

中学卒業後は神奈川県にある東海大相模高校へと進学。
高校では1年秋からセンターのレギュラーを獲得します。
1年秋の神奈川県大会準々決勝では、2019年の高校ビッグ4の一人である及川雅貴投手から2本のヒットを放ちましたが、チームは2対5で敗れました。

1年冬には腰のヘルニアを発症して約2カ月の戦線離脱を経験。
その間にもできる範囲でトレーニングを続けると、2年春にはスイングスピードが130km/hから140 km/hにアップしました。

2年春の神奈川県大会からは1番打者としてチームを引っ張ります。
春の神奈川県大会を制して出場した関東大会では、24打数12安打、打率.500、打点5の活躍で、優勝に貢献
2年夏の神奈川県大会では、32打数13安打、打率.406、ホームラン3本、打点12の大活躍で2015年以来4年ぶりとなる優勝を達成しました。

続く甲子園では、8打数1安打0打点と結果を残せませんでしたが、大会終了後には、2年生ながら高校日本代表に選ばれています。

高校の同期のチームメイトには西川僚祐選手、山村崇嘉選手らがいます。
西川僚祐選手についてはこちらを→西川僚祐(東海大相模)は2020年ドラフト1位候補!高校通算最多本塁打の更新なるか?
山村崇嘉選手についてはこちらを→山村崇嘉(東海大相模)は二刀流の強打者!テレビ出演の過去も!

プレースタイル

鵜沼選手は俊足・強肩・強打と3拍子そろった外野手です。
主に1番打者を務めていますが、パワーもあり、2年夏時点で高校通算22本塁打を記録しています。

東海大相模といえば、故・原貢監督(巨人の原辰徳監督のお父さんで、菅野智之投手のおじいちゃん)時代からの「アグレッシブベースボール」で有名ですが、鵜沼選手はまさにアグレッシブベースボールを体現したような選手です。
プレイボール直後の初球をフルスイングできるメンタリティや、広い守備範囲を活かした大胆なポジショニング、守備の隙をつく果敢な走塁と、鵜沼選手の積極性あふれるプレーには見るものをひきつけるものがあります。

スカウトの評価

巨人・長谷川国利スカウト部長
「近江の左腕・林優樹は高校生ではなかなか打てない。その中でも、鵜沼はセンターにいい打球を飛ばしていたし、山村もタイムリーを打っている」
巨人・長谷川国利スカウト部長
「西川は馬力があるし、山村は柔らかいから打球がよく飛ぶ。鵜沼もアグレッシブで、3人ともいい面を出している。3人とも来年はドラフト候補に入るでしょう」

まとめ

2年夏の甲子園では、3回戦敗退に終わりましたが、鵜沼選手の同学年には西川僚祐選手山村崇嘉選手諸隈惟大投手らそうそうたるメンバーがいて、春夏連覇した2018年の大阪桐蔭を彷彿とさせるものがあります。
ぜひ、鵜沼選手が中心となってチームを引っ張り、2015年以来となる日本一を達成してほしいですね。

激戦神奈川高校野球新時代を戦う監督たち [ 大利実 ]
created by Rinker
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする