坪井悠太(大阪偕星)は二刀流のドラフト候補!プロ志望届を提出!

スポンサーリンク

大阪偕星学園のドラフト候補・坪井悠太選手
投打の両方でプロから注目されている二刀流選手です。
すでにプロ志望届を提出済みで、後はドラフトを待つだけとなっています。

プロフィール

名前:坪井 悠太(つぼい ゆうた)
出身:大阪府豊中市
身長:178cm
体重:85kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:投手兼外野手
経歴:豊中市立第十二中学校→大阪偕星学園

中学時代

中学時代、坪井選手は大阪東淀川ボーイズに所属。
ピッチャー兼外野手としてプレーしていました。
坪井選手が中学2年生の夏に大阪偕星は甲子園初出場を決めています。
この時の大阪大会準々決勝で大阪偕星が大阪桐蔭を破った試合を球場で見て、同校への入学を決心しました。

高校時代

高校では入学当初は外野手としてプレー。
2年生の夏前からピッチャーの練習を再開しました。
2年夏の南大阪大会ではセンターのレギュラーリリーフ投手として出場し、4回戦敗退。

2年秋は大坂大会では、背番号18ながら実質エースとして活躍します。
準々決勝の大体大浪商戦では被安打1、奪三振10の好投で完封勝利!
一躍、プロから注目される存在となります。
しかし、大阪桐蔭との準決勝では打ちこまれ、1対7で敗戦
大商大堺との3位決定戦では4番ピッチャーとして出場し、2失点完投&サヨナラヒットの大活躍で、チーム初の近畿大会出場に貢献しました。
続く近畿大会では股関節を痛めた影響で登板できず、4番センターで出場。
初戦で智弁和歌山5対12で敗れています。

3年春の大阪大会はヒジの違和感のため、3番センターで出場。

3年夏の大阪大会では 5回戦の桜宮戦で先発するもコントロールに苦しみ3回1/3、2失点で降板します。
チームは、一度は追いつくものの直後に3点を勝ち越され7対4で敗戦。
甲子園出場はなりませんでした。

高校の同期のチームメイトには坪井選手と同じくプロ志望届を提出した福田慈己投手がいます。
坪井選手と福田投手とは大阪東淀川ボーイズ時代からのチームメイトですね。

プレースタイル

坪井選手は投打の両方でプロから注目されている二刀流選手です。
投手としては、最速145km/hを投げる本格派。
変化球は縦のスライダー、チェンジアップ、ナックルなど。
特にスライダーが一番の武器
本人も
「スライダーが自分の生命線。自信があります」
と述べています。
コントロールはやや不安。

打者としては4番を任されるとこもある強打者です。
広角に長打を打てるバッティングが持ち味。
参考にしている打者は、西武ライオンズの秋山翔吾選手で、動画などを見てバッティングを研究しているそうです。

まとめ

坪井選手は2年秋の近畿大会は股関節を痛め、登板できず。3年春の大阪大会でもヒジの違和感で登板できず、とややケガの多い選手です。
プロの厳しい練習についていけるか不安がありますが、それでも、野手としても投手として素材としては一級品です!
野手と投手のどちらでプロ入りするのか?
秋のドラフトが楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする