小峯新陸(鹿児島城西)はハンパない好投手?名前の読みは?

スポンサーリンク

鹿児島城西のドラフト候補・小峯新陸投手
身長188cmの大型投手です。
名前の「新陸」「しんり」と読みます。
すでにプロ野球志望届を提出済で、高卒でのプロ入りを目指しています。

プロフィール

名前:小峯 新陸(こみね しんり)
出身:鹿児島県鹿児島市
身長:188cm
体重:83kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:鹿児島市立東谷山小学校→鹿児島市立東谷山中学校→鹿児島城西高校

小中学時代

小峯投手は小学4年生から軟式野球を始めました。
中学時代は、「鹿児島ヤングタイガー」に所属。
中学卒業後は、鹿児島城西高校に進学しました。
鹿児島城西は甲子園に出場したことはありませんが、九州大会には何度か出場している強豪校です。
2018年(小峯投手が高校1年生)の1月からは、ダイエーホークスや西武ライオンズなどで活躍した元プロ野球選手の佐々木誠さんが監督に就任しています。

高校時代

高校では1年夏の鹿児島県大会からベンチ入り。
2年春の鹿児島県大会からエースとしてチームを引っ張ります。
2年夏の鹿児島県大会では全3試合に先発。
初戦の奄美戦で最速タイ140km/hを記録し、スカウトから注目されるようになります。
4回戦で鹿児島実業と対戦し、1対4で敗れました。

2年秋の鹿児島県大会では5試合中3試合に先発
4回戦では夏に敗れた鹿児島実業相手に被安打3、奪三振9の完封勝利をするなど活躍し、ベスト4入りに貢献しました。

高校2年の2月以降は、腰や肩の相次ぐ故障で、満足に投げることができずに背番号1を別の選手に譲ります。
3年時夏の鹿児島県大会では背番号11を付け、登板。
2回戦ではリリーフ、3回戦では先発として、2試合計8回1/3を投げ、4失点で勝利に貢献します。
しかし続く4回戦では、小峯投手の登板はないまま、チームは鹿児島玉龍に7回コールド3対10で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

プレースタイル

小峯投手は188cmの長身から最速145km/hを投げる本格派のピッチャーです。
変化球はカーブ、カットボール、ツーシームなど。
素材の良さから将来性を高く評価され、複数のプロ野球球団から注目されています。

報知高校野球5月号 p102-103 小峯新陸投手(鹿児島城西)

スカウトの評価

巨人・古城スカウト
「いい真っすぐを投げる。ハンパない投手になってもらいたいですね」

まとめ

小峯投手の所属する鹿児島城西は、サッカー日本代表の大迫勇也選手の母校ということもあり、“ハンパない”と言う表現が良く使われますね。
※「大迫 、ハンパないって」についてはこちらの動画をご覧ください

大迫 、ハンパないって!!フルバージョン

小峯投手にも競技は違いますが、先輩の大迫選手のように、ハンパないピッチャーへと成長していってほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする