平野大和(日章学園)は九州ナンバー1外野手!兄の死を乗り越えプロ入りを目指す!

スポンサーリンク

日章学園のドラフト候補・平野大和選手
50m5秒8の俊足に加え、遠投100mの強肩、さらに4番を打つ強打者全ての面で隙のない外野手です。
今年の九州の高校生の中ではナンバー1外野手と言われています。
すでにプロ野球志望届を提出済で、高卒でのプロ入りを目指しています。

プロフィール

名前:平野 大和(ひらの やまと)
生年月日:年月日
出身:宮崎県宮崎市
身長:177cm
体重:80kg
投打:投げ打ち
ポジション:外野手
経歴:宮崎市立田野小学校→日章学園中学校→日章学園高校

小中学時代

平野選手は小学2年生から「鰐塚ジャイアンツ」で野球を始めました。
中学から日章学園に進むと、4番打者として活躍し、3年の夏には全国大会ベスト8を経験しています。

高校時代

高校では1年生から外野のレギュラーを獲得します。
1年夏の宮崎県大会では1番打者として出場し、初戦(2回戦)の宮崎西高校戦で4打数3安打と活躍しました。
続く3回戦では優勝した聖心ウルスラ高校と対戦。
戸郷翔征投手(現・巨人)に4打数0安打に抑えられ、チームも4対8で敗れています。

翌2年夏の宮崎県大会では3番センターとして出場し、23打数8安打5打点、打率.348、ホームラン1本の活躍で準優勝に貢献
準々決勝では昨夏ノーヒットに抑えられた戸郷翔征投手からツーベースを打っています。

2年秋の宮崎県大会では準決勝の富島高校戦で自打球を当て、左膝を剥離骨折してしまうというアクシデントにあいますが、それにも負けず優勝を達成
続く九州大会ではテーピングと痛み止めをして、外野より負担の少ないサードで出場!
4番打者として全3試合で打点を挙げる活躍でベスト4入りを果たしました。

翌3年春のセンバツでは初戦で習志野高校と対戦。
4番センターとして出場しましたが、4打数1安打に抑えられ、チームも2対8で敗れています。

3年夏の宮崎県大会では、都城工に延長11回4対5で敗れ、まさかの初戦敗退。
2季連続の甲子園出場はなりませんでした。

プレースタイル

平野選手は身長177cm体重80kgの走・攻・守の三拍子揃った外野手です。
フルスイングが魅力の右の強打者で、高校通算ホームラン20本を記録しています。
50m走5秒8の俊足遠投100mの強肩を活かしたセンターの守備も秀逸。

平野選手には2歳上の兄・恵大(けいた)さんがいました。
お兄さんも野球をやっていて、幼い頃から一緒にキャッチボールをしたり、試合でバッテリーを組んだりして、兄弟で汗を流してきました。
しかし、平野選手中学3年の時、恵大さんは不慮の事故で亡くなってしまいます。
亡くなった直後は寂しさに襲われ、練習にも身が入らなかったそうです。
それでも、平野選手は
「兄ちゃんの分まで野球を続けよう」
と前を向き、プロ注目の選手にまで成長していきました。

まとめ

平野選手はプレー面だけでなく、ケガを押して試合に出場したり、兄の死の悲しみを克服したり、と精神面でもプロ向きの選手だと思います。
ぜひともプロ入りを叶えてほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする