比嘉公也監督(沖縄尚学)の経歴!嫁はどんな人?選手と監督で甲子園優勝!

スポンサーリンク

沖縄尚学の比嘉公也監督。
選手としては1999年のセンバツで沖縄県初の日本一を達成!
監督としては2008年のセンバツで日本一!
沖縄の高校野球界のレジェンドとも言える名将です。

プロフィール

名前:比嘉 公也(ひが こうや)
生年月日:1981年6月29日生まれ。
出身:沖縄県名護市
経歴:沖縄尚学→愛知学院大学

現役時代

沖縄尚学時代、比嘉監督はサウスポーのエースとして活躍。
高校3年生だった1999年のセンバツ出場し、沖縄県勢初の優勝を達成しています。
特に準決勝のPL学園戦では、延長12回212球を投げて完投勝利し、人々に感動を与えました。

甲子園には3年生の夏にも出場。
しかし、この時は2回戦で敗れています。

高校の同期のチームメイトには、比嘉寿光さん(元・広島カープ)、荷川取秀明さん(松山聖陵監督)がいました。
荷川取さんは松山聖陵の監督として2度甲子園に出場しています。
しかし、2019年現在、体罰事件が発覚して謹慎処分中です。
いつの日か甲子園で、比嘉監督と荷川取監督と対戦を見てみたいですね!

高校卒業後は愛知学院大学に進学。
大学では怪我の影響もあり、1試合のみの登板に終わり、3年秋からは学生コーチに転身しました。
大学4年生の2003年には、沖縄尚学にコーチとして帯同し、夏の甲子園出場に貢献しています。

指導者時代

大学卒業後は、沖縄県庁の嘱託職員を経て、2006年に社会科教諭として沖縄尚学に赴任。
野球部監督に就任しました。
2008年には、エース・東浜巨投手(現・ソフトバンク)を擁して春のセンバツに出場。
甲子園では沖縄尚学2度目となる優勝を達成し、選手・監督の両方でセンバツ優勝を経験した人物となりました。
また、2014年には、「第10回BFA 18Uアジア選手権」に出場したU-18高校日本代表のコーチをされています。

指導方針

比嘉監督は「自立=自分の中で考える力」をテーマに、監督の指示で動くのでなく、選手が自分たちで考え動けるチームを目指しています。
具体的には
・試合中に自分で考え守備位置を変える。
・盗塁ができると自分で判断して走れる。
・打てない時に自分で考え足で揺さぶれる。
その他にも、自分たちに何が足りないのか?何が必要なのか?を考えさせるために練習メニューも選手に作らせているそうです。

比嘉監督は2008年2月に高校時代の同級生だった裕美子さんと結婚されています。
お子さんについてはわかりませんが、もし男の子がいるとしたら野球をしているのかもしれませんね。

まとめ

春のセンバツは選手と監督で優勝している比嘉監督ですが、夏の甲子園ではまだ優勝していません。
次は夏の甲子園で優勝して、沖縄県民に明るい話題を届けて欲しいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする