西川僚祐(東海大相模)は2020年ドラフト1位候補!高校通算最多本塁打の更新なるか?

スポンサーリンク

東海大相模のドラフト候補・西川僚祐選手
身長186cm体重92kgの堂々たる体格を持つ外野手です。
清宮幸太郎選手を超えるペースでホームランを打ち続けており、高校通算最多本塁打の記録更新にも期待がかけられています。

プロフィール

名前:西川 僚祐(にしかわ りょうすけ)
生年月日:2002年4月19日
出身:千葉県船橋市
身長:186cm
体重:92kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
家族:両親と兄
経歴:船橋市立古和釜小学校→船橋市立古和釜中学校→東海大相模高校

小中学時代

西川選手は小学1年生から薬円台リトルスターで軟式野球を始めました。
中学時代は名門・佐倉シニアに所属。
中学3年生の夏にはで主将兼4番打者としてジャイアンツ杯優勝を達成しています。
決勝戦では東京ドーム逆方向のライトスタンドへホームランを叩き込み、衝撃を与えました。
日本テレビ「Going!Sports&News」で取り上げられた際には、元阪神の赤星憲広さんから
「清宮より凄い。ほんまもんですよ」
と絶賛されていました。

清宮超え!?怪物中学生・西川僚祐を取材

中学時代のチームメイトには、高校でもチームメイトとなる諸隈惟大投手のほか、度会隆輝選手(現・横浜)、角田勇斗選手(現・習志野)らがいました。

高校時代

中学卒業後は神奈川県にある東海大相模高校に進学。
1年時夏から背番号15でベンチ入り。
北神奈川県大会初戦(2回戦)・厚木東高戦の5回1死二、三塁のチャンスに代打で公式戦デビューを果たします。
しかし、いきなり敬遠され、バットを振らせてもらえませんでした。
続く3回戦からは4番レフトでスタメン出場。
3回の第2打席には推定飛距離120メートル場外ホームランを放っています。

2年秋からの新チームからはレフトのレギュラーとして活躍。
1年時だけで高校通算30本塁打を記録しています。
これは高校通算最多本塁打111本の記録を持つ清宮幸太郎選手を超えるペースです。
(清宮選手は1年時22本でした)

3年春の神奈川県大会&関東大会優勝を果たすと、3年夏の神川県大会では21打数9安打12打点2本塁打と大活躍で、4年ぶりとなる優勝を達成!

続く甲子園では8打数0安打と結果を残せませんでした。

高校の同期のチームメイトには山村崇嘉選手、鵜沼魁斗選手らがいます。
山村崇嘉選手についてはこちらを→山村崇嘉(東海大相模)は二刀流の強打者!テレビ出演の過去も!
鵜沼魁斗選手についてはこちらを→鵜沼魁斗(東海大相模)は2020年高校ナンバー1外野手!名前の読みは?

プレースタイル

西川選手は身長186cm体重92kgの恵まれた体格を持つホームランバッターです。
2年夏まで高校通算42本塁打を記録しています
50m6秒3。
遠投90m。
好きな選手は巨人・岡本和真選手。

スカウトの評価

巨人・長谷川国利スカウト部長
「西川はトップに入ってからのスイングスピードが速い。体つきが野球選手じゃないしね。中学生の頃から神宮の右中間や、東京Dのライトにホームランを打っているし、注目していた」

DeNA・稲嶺茂夫スカウト
「末恐ろしい。右の大打者といえば、清原さんや落合さん。そうなれる素質がある」

ロッテ・永野チーフスカウト
「1年であれはすごい。軸回転で体が回っていて、お手本のような打撃。西武にいそうだね!」

まとめ

西川選手は、野球の実力もさることながら、中学の全国大会の決勝でホームランを打ったり、高校の公式戦初打席で敬遠されたり、また、初めて4番に座っていきなり場外ホームランだったりなど、なかなかのスター性も持ち合わせています。
なんとなく高校時代の松井秀喜選手を彷彿とさせるものがありますね。
あとは、甲子園でなんかすごいことやってもらって、甲子園のスターとしてドラフト1位でプロ入りを果たしてほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする