山村崇嘉(東海大相模)は二刀流の強打者!テレビ出演の過去も!

スポンサーリンク

東海大相模の2020年ドラフト候補・山村崇嘉選手
名門高校で1年生から4番を打つ強打者です。
また、ピッチャーとしても非凡なものを持っており、最速140km/hのストレートを投げます。
投打の両方でプロから注目されている超高校級の選手です!

プロフィール

名前:山村 崇嘉(やまむら たかよし)
生年月日:2002年9月28日
出身:神奈川県相模原市
身長:180cm
体重:85kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:一塁手兼投手。
経歴:東海大相模中学校→東海大相模高校

小中学時代

山村選手は小学生から「武蔵府中リトル」で野球を始めました。
小学6年生の時にはピッチャーとして110km/hちかいストレートを投げるなど、その頃から注目されていました。

中学時代は「武蔵府中シニア」に所属。
2年生からレギュラーを獲得すると、3年時には4番・エースとして活躍。
3年生の11月にはU-15日本代表に選ばれ、アジアチャレンジマッチに出場しています。
日本代表でも二刀流として活躍!
オーストラリア戦ではピッチャーとして先発し、3回2安打1死球3奪三振1失点、チャイニーズ・タイペイ戦では5番ファーストで出場して5打数1安打1打点と結果を残し、優勝に貢献していました。

テレビ出演

また、山村選手は2017年5月28日に放送された『ピラミッド・ダービー』というTBSの番組に出演しています。
「中学生チームvs元プロ野球選手3イニングの勝負」という企画で、元西武のG.G.佐藤選手らと対戦し、無失点に抑える好投を見せていました。

高校時代

中学卒業後は、東海大相模高校に進学。
1年時夏の北神奈川大会から背番号20でベンチ入り。
3回戦で、7番ファーストで公式戦初出場を果たすと、初打席でライトフェンス直撃のツーベースを放ちました。
続く4回戦でリリーフとして起用され、1/3回をノーヒッ、ト1四球、1奪三振、無失点の成績を残しています。

1年時秋の新チームからファーストのレギュラーを獲得。打順も4番を任されます。

3年春の神奈川県大会&関東大会優勝を果たすと、3年夏の神川県大会では31打数15安打17打点3本塁打と大活躍で、4年ぶりとなる優勝を達成!

続く甲子園では全2試合で4番ファーストとして出場し、8打数1安打1打点の成績を残しました。

高校の同期にチームメイトには西川僚祐選手、鵜沼魁斗選手らがいます。
西川僚祐選手についてはこちらを→西川僚祐(東海大相模)は2020年ドラフト1位候補!高校通算最多本塁打の更新なるか?
鵜沼魁斗選手についてはこちらを→鵜沼魁斗(東海大相模)は2020年高校ナンバー1外野手!名前の読みは?

プレースタイル

山村選手は高校トップクラスの打力を持つファースト兼ピッチャーです。
1年秋から4番打者を担い、2年夏までで高校通算38本塁打を記録しています。

【あわや場外HR】東海大相模 4番 山村崇嘉(2年)ハマスタ右中間最上段へホームラン 2019/7/25 相洋戦 規格外のパワー

球場は横浜スタジアムです。
ここまで飛ばせる高校生は何人いるでしょうか?
とてつもない飛距離ですね!

ピッチャーとしては最速140km/h投げる本格派。
変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップなど。

中学時代の恩師である武蔵府中シニアの小泉隆幸監督によると、
「随分やんちゃなところがありましたが、私にしてみれば本当にかわいい子でした。教えがいのある子でしたね。よく怒りもしましたが、こちらが愛情をもって接すれば愛情で答えてくれる。そんな良い子でした。」

スカウトの評価

巨人・長谷川国利スカウト部長
「近江の左腕・林優樹は高校生ではなかなか打てない。その中でも、鵜沼はセンターにいい打球を飛ばしていたし、山村もタイムリーを打っている」
巨人・長谷川国利スカウト部長
「西川は馬力があるし、山村は柔らかいから打球がよく飛ぶ。鵜沼もアグレッシブで、3人ともいい面を出している。3人とも来年はドラフト候補に入るでしょう」

まとめ

投打の両方で活躍している山村選手ですが、プロへは打者として進みそうです。
唯一のネックは、ポジションが外国人選手と争うことの多い一塁手だということ。
ただ、これも中学時代は外野も守っていましたし、ピッチャーで140km/hを投げるくらい方も強いので、練習すれば、外野手としてやって行けそうに思います。
チームメイトの西川僚祐選手、鵜沼魁斗選手らとともにドラフト上位でプロ入りを果たしてほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする