嘉手苅浩太(日本航空石川)は超大型投手!名前の読みは?兄と父もすごい!

スポンサーリンク

日本航空石川の2020年ドラフト候補・嘉手苅浩太投手。

身長190cm体重110kg超大型ピッチャーです。

名字の「嘉手苅」「かてかる」と読みます。

なんとなく沖縄っぽい名字ですが、本人は兵庫県姫路市出身です。
「嘉手苅」という名字自体は沖縄県由来の名字らしいですね。

なんでも嘉手苅浩太投手の1歳上のお兄さんもプロ注目の選手だったとのこと。

でも、今は野球をされていないようです。

今回はそのあたりについても調べてみました。

嘉手苅浩太のプロフィール

名前:嘉手苅 浩太(かてかる こうた)
生年月日:2002年12月26日
出身:兵庫県姫路市
身長:190cm
体重:110kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:姫路市立広畑中学校→日本航空石川高校

嘉手苅浩太の小中学時代

嘉手苅浩太投手はお兄さんの影響で小学1年生から、「広畑コンドルズ」で野球を始めました。

この「広畑コンドルズ」というのは嘉手苅浩太投手父・一弘さんが監督を務める軟式野球チームです。

お父さんは若いころは、社会人野球の新日鐵室蘭新日鐵広畑で投手として活躍されていました。

嘉手苅浩太投手は小学5年生の時には「第35回 全国スポーツ少年団軟式野球交流大会」で優勝し、日本一を達成!

当時5年生ながら4番打者を任されていました。

小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、阪神タイガースジュニア入りを果たしています。

また、日本代表に選ばれ、U-12アジア選手権にも出場。

この頃から身長165cm体重64kgと立派な体格を持っていた嘉手苅浩太投手はU-12日本代表では、キャッチャーピッチャーの二刀流として活躍しました。

中学時代は、「姫路アイアンズ」でプレー。

姫路アイアンズの同期にチームメイトには小深田大地選手(現・履正社)がいました。

嘉手苅浩太の高校時代

中学卒業後は、石川県にある日本航空石川高校に進学。

高校では1年春からベンチ入り。

1年春の北信越大会・初戦の富山商業戦で公式戦デビューし、3イニングを無失点に抑えています。

1年夏の石川県大会は3対5で敗れ、初戦(2回戦)敗退
1年秋の石川県大会は4対5で2回戦敗退、と2季連続で早期敗退となりましたが、
2年春の石川県大会では準優勝。

続く北信越大会では、嘉手苅浩太投手の登板はなく、初戦で敦賀気比に0対1で敗れています。

2年夏の石川県大会では準々決勝で小松大谷に4対5で敗れ、ベスト8。

高校の同期のチームメイトには最速143km/h右腕・田中颯希投手がいます。

嘉手苅浩太のプレースタイル

嘉手苅浩太投手は身長190cm体重110kgの大型ピッチャーです。

ノーワインドアップから最速147km/hのストレートを投げ込みます。

日本航空石川 MAX147キロ 嘉手苅 浩太投手 投球練習 石川県立野球場 2019.5.4

また、打者としても優秀で、パワーあふれるバッティングが魅力。

阪神ファン。

嘉手苅浩太のスカウト評価

阪神・筒井和也スカウト
「器用に変化球も投げられるし、何よりも他の子とは体が違う」

嘉手苅浩太の兄

嘉手苅浩太投手の1歳上の兄の嘉手苅将太選手もプロ注目の強打者でした。
“でした”というのは、もう野球を辞められているからです。

中学3年生の時にはU-15日本代表に選ばれ、及川雅貴投手(現・横浜)宮城大弥投手(現・興南)らそうそうたるメンバーとともに「第3回 WBSC U-15ベースボールワールドカップ2016 inいわき」に出場し、準優勝に貢献しました。

中学卒業後は、仙台育英高校に進学するも1か月で退部、その後はクラーク国際高校に転校しましたが、現在は野球を辞められているみたいです。

将来を嘱望されていた選手だっただけにとても残念ですね。

まだ若いのですし、思い直して独立リーグかどこかで野球を再開してくれるといいのですが・・・。

嘉手苅浩太のまとめ

嘉手苅浩太投手のいる石川県には2019夏の甲子園準優勝の強豪・星稜高校がいます。

何とか星稜を倒して、甲子園に出場してもらいたいですね。

↓こちらは嘉手苅浩太投手のお父さんの教えが載っている本です。
きっとこの本に書かれてあるようなことを嘉手苅浩太投手は幼いころから学んできたのでしょうね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする