井上朋也(花咲徳栄)はドラフト上位候補の外野手!中学時代からすごかった!

スポンサーリンク

花咲徳栄のドラフト候補・井上朋也選手。

毎年のようにプロ野球選手を輩出している名門校で4番を打つ強打者です。

甲子園にも2年連続で出場していて、早くも2020年のドラフト上位候補として注目を集めています。

プロフィール

名前:井上 朋也(いのうえ ともや)
生年月日:2003年1月28日
出身:大阪府四条畷市
身長:180cm
体重:80kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
好きな食べ物:もんじゃ焼き
経歴:四條畷市立四條畷中学校→花咲徳栄高校

小中学時代

井上選手は小学2年生から畷ファイターズで野球を始めました。

小学生の頃は主にキャッチャーを守っていて、たまにピッチャーショートをやることもあったそうです。

中学時代は奈良県にある強豪・生駒ボーイズでプレー。

中学から外野手にコンバートされると、3年生の時には4番センターとして、春夏と全国大会に出場。

8月に行われたジャイアンツカップではベスト16入りを果たしています。

1日5本塁打

中学時代から、スーパー中学生として知られていた井上選手は、中学3年の南大阪大会では準決勝で2本のホームランを放っています。

さらにダブルヘッダーで同日行われた決勝戦では3本のホームラン!
驚異の1日5本塁打を記録しています。

レベルの高い大阪の大会で、準決勝と決勝で5本のホームランはすごいですね!

並大抵の実力でできることではありません。

また、ボーイズ日本代表として2017世界少年野球大会にも出場。

細川凌平選手(現・智辯和歌山)、横山陽樹選手(現・作新学院)らとともに世界一を達成しました。

高校進学の際には地元・大阪桐蔭を含む20校あまりから勧誘を受けます。

井上選手はその中から、埼玉から何度も奈良に訪れた花咲徳栄の岩井隆監督の熱心さと生駒ボーイズの監督と岩井監督が大学(東北福祉大学)の先輩後輩という縁もあり、花咲徳栄高校への進学を決心しました。

生駒ボーイズ時代のチームメイトには、本間颯太朗選手(現・慶應義塾)、池田凛選手(現・履正社)らがいました。

高校時代

高校では入学直後の1年春からライトのレギュラーを獲得します。

1年夏の北埼玉大会は7番ライトで出場し、18打数6安打4打点、打率.333の成績で優勝に貢献。

続く甲子園では9打数4安打、2打点、打率.444の好成績を残しましたが、横浜高校6対8で敗れ、2回戦敗退に終わっています。

1年秋の埼玉県大会は3回戦敗退

2年夏の埼玉大会は4番ライトで出場し、30打数13安打16打点、打率.433、ホームラン1本の活躍で、優勝を達成。

しかし、甲子園では初戦で明石商業2対3で敗れています。(井上選手は4打数1安打)

プレースタイル

井上選手は2020年の高校野球界を代表するパワーヒッターです。

勝負強いバッティングが持ち味。

打撃に隠れがちなライトの守備もなかなか上手く、強肩を活かしてランナーをアウトにするシーンも度々見られます。

本職の外野のほかにも、2年春には一時期サードを守っていたこともありました。

憧れの選手は花咲徳栄の2学年先輩の野村佑希選手(現・日本ハム)

また、小1から小6まで続けた空手は黒帯の実力です。

曽祖父

180cm80kgの立派な体格を持っている井上選手ですが、父・昌幸さんによるとこの体格のルーツは曽祖父にあるとのこと。

曽祖父は明治生まれながら、身長は180cm超え!

円盤投げの選手国体にも出場したことがあったそうです。

明治生まれで180cmはかなり大柄ですね。

円盤投げをされていたということですから、横幅もガッチリしていたんでしょう。

完璧に井上選手受け継がれていますね。

スカウトの評価

ロッテ・松本球団本部長
「パワーに加えて、スピードもある。来年の上位候補」

まとめ

井上選手の同学年には西川僚祐選手(東海大相模)という超高校級のバッターがいます。

この西川選手が
「意識はする。同じタイプの打者なので負けていられない」
とライバル視していているのが井上選手です。

井上選手と西川選手、ともに切磋琢磨して、高めあっていてほしいですね。

果たして、2020年のドラフトで、より上位で指名されるのはどちらなのでしょうか?

西川僚祐選手についてはこちらを→西川僚祐(東海大相模)は2020年ドラフト1位候補!高校通算最多本塁打の更新なるか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする