高橋宏斗(中京大中京)はドラフト1位候補だが進路は兄のいた慶應大学!?

スポンサーリンク

中京大中京高校ドラフト候補・高橋宏斗投手。

184cmの長身から最速148km/hを投げる本格派のピッチャーです。

将来性を高く評価されており、早くも2020年ドラフトの1位候補として注目を集めています。

プロフィール

名前:高橋 宏斗(たかはし ひろと)
生年月日:2002年8月9日
出身:愛知県尾張旭市
身長:184cm
体重:79kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:尾張旭市立三郷小学校→尾張旭市立東中学校→中京大中京高校

小中学時代

高橋投手は小学2年生から「三郷ファイターズ」で野球を始めました。

小学6年生の時には、セレクションを勝ち抜き、ドラゴンズジュニアに選出されています。

中学時代は「豊田シニア」でプレー。
3年夏には全国大会に進出し、ベスト16に入っているほか、第30回日本リトルシニア野球選手権東海大会では優勝!

個人でも最優秀選手賞を受賞しています。

豊田シニア時代のチームメイトには藤井翔投手(現・東海大菅生)らがいました。

高校時代

中学卒業後は、地元の名門・中京大中京高校に進学。

高校では1年夏の愛知県大会から背番号19番でベンチ入り。

準々決勝の至学館戦でノーアウト満塁のピンチにリリーフで登板し、無失点に抑えています。

1年秋の愛知県大会では背番号10を付けて登板し、準優勝に貢献。

続く東海大会では全3試合にリリーフで登板し、ベスト4入りを果たしています。

2年春からはエースの座を獲得。

2年夏の愛知県大会準々では強豪・愛産三河相手に6安打完封勝利。

しかし、準決勝で優勝した誉高校と対戦し、接戦の末、4対5で敗れ、ベスト4止まりでした。

高校の同期のチームメイトには印出太一選手、中山礼都選手、西村友哉選手、松島元希投手らがいます。
中山礼都選手についてはこちらを→中山礼都(中京大中京)は1年から活躍するドラフト候補のショート!名前の読みは?

印出太一選手についてはこちらを→印出太一(中京大中京)は堂林2世と呼ばれる強打のキャッチャー!

プレースタイル

高橋投手は身長184cm体重75kg長身細身のピッチャーです。

ストレートの最速は2年秋の愛知県大会で記録した148km/h。
変化球は、縦のスライダー、カットボール、カーブ、スプリット、ツーシームなど。

1年生の冬には、1日200~300球の投げ込みを週2、3回ペースで行ったことにより、スタミナにも自信をもっています。

高橋投手のシャツの袖には、目標である「世代No.1(ナンバーワン)投手」の文字が書かれています。

146キロ連発!来年の甲子園で確実に騒がれる高橋宏斗投手(中京大中京)!MAX148キロの直球も変化球も申し分無し!

高橋投手の5歳上の兄伶介さんも慶應大学で野球をされています。

ポジションは弟と同じピッチャーです。

豊田シニア時代にはリトルシニア日本選手権大会優勝!

日本一を経験しています。

まとめ

高橋投手の現在のストレートの最速は148km/hですが、高校在学中に150km/hは余裕で出しそうな成長ぶりです。

150km/hを出せるようになると、目標とする世代ナンバー1投手の座にぐっと近づくと思いますね。

そうなると2020年のドラフトでは1位は確実!

特に地元・中日ドラゴンズとしては絶対に他のチームには譲れないでしょう。

早くも2020年の中日ドラフト1位は高橋投手で決まり?

※ただし、高橋投手にはのいた慶應大学への進学を希望しているという情報もあります。

進路も含めて高校ラスト1年の高橋投手からは目が離せません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする