土田龍空(近江)は世代ナンバー1ショート!名前の読み方は?

スポンサーリンク

近江高校の2020年ドラフト候補・土田龍空選手。
野球センスあふれるプロ注目のショートです。
名前の「龍空」は「りゅうく」と読みます。
その実力は、超高校級と謳われた報徳学園・小園海斗(現・広島)とも比較されるほど!
とても今後が楽しみな選手ですね。
早速、土田選手について詳しく調べていました。

プロフィール

名前:土田 龍空(つちだ りゅうく)
出身:滋賀県米原市
身長:180cm
体重:73kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ショート
経歴:米原市立米原中学校→近江高校

小中学時代

土田選手は小学2年生から地元のチームで野球を始めました。
小学校時代のポジションはサード兼キャッチャー
中学時代は、「湖北ボーイズ」に所属し、中学1年の終わりまでセンターでプレー。
中学2年から現在のポジションであるショートを始めました。
また、野球と並行して、学校はで陸上部に所属し、2年生の時には滋賀県の陸上大会の走り高跳びで6位入賞を果たすなどの活躍をしていました。

中学卒業後は、両親が近江高校出身だったこと、祖父が近江の多賀監督と親交があったことが縁で、近江高校に進学します。

高校時代

高校では1年夏からショートのレギュラーを獲得。
夏の滋賀県大会では、18打数10安打4打点、打率.556の大活躍で優勝を果たします。
続く甲子園でも全4試合に2番ショートでスタメン出場し、17打数5安打、打率.294の成績でベスト8入りに貢献しました。
1年秋の滋賀県大会では優勝、しかし、近畿大会では初戦敗退に終わり、翌春の選抜出場はならず。
2年春の滋賀県大会で優勝し、近畿大会に出場すると、近畿大会では16年ぶりの優勝を達成しました。
2年夏の滋賀県大会では18打数9安打4打点、打率.500の活躍で2年連続の優勝!
甲子園では初戦で東海大相模と対戦し、1対6で敗戦。
土田選手は4打数1安打の成績でした。

2年秋の新チームからは主将に就任し、チームを引っ張っています。

プレースタイル

土田選手は身体能力の高い3拍子そろったショートです。
コースに逆らわない広角に打ち分けるバッティングが持ち味。
アクロバックな動き天才的な反射神経を生かした守備は、それだけでも見る価値があり、早くも高校生ナンバーワンショートの呼び声も高い選手です。

近江の多賀章仁監督は土田選手について
「身体能力が素晴らしい。入学した時、守備を見て、すぐにレギュラーで使おうと思いました。うちにはプロ入りした植田海がいますが、植田よりもワンランク上」
とOBの植田選手(現・阪神) と比較して、絶賛しています。

【一年夏からレギュラー】近江の天才型遊撃手・土田龍空(2年)
まだノーマーク!?近江のスーパー1年生土田龍空選手!とにかく守備の上手さが際立つ!

まとめ

土田選手は身長180cmに対して体重73kgやや線が細い選手です。
これから体ができ、パワーが付いてくると、長打も増えてきそう。
来年のドラフトでは、押しも押されもせぬ高校ナンバー1ショートとしてプロ入りを果たしてほしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする