菊地竜雅(常総学院)は球速がすごい2020年ドラフト上位候補!

スポンサーリンク

常総学院のドラフト候補・菊地竜雅投手
最速150km/hのストレートを投げる本格派のピッチャーです。
2020年のドラフト候補の高校生で2年生の夏までに150km/hを記録したのは明石商業の中森俊介投手菊地投手2人だけです。
中森投手は2020年ドラフトの1位候補にも名前が挙がっているピッチャーです。
菊地投手も高校ではここまで全国大会への出場はありませんが、中森投手と同レベルのピッチャーと言っていいと思います。

プロフィール

名前:菊地 竜雅(きくち りゅうが)
出身:茨城県守谷市
身長:180cm
体重:79kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:守谷市立けやき台中学校→常総学院

小中学時代

菊地投手は小学生から「茎崎ファイターズ」で軟式野球を始めました。
中学時代は「取手シニア」でプレー。
中学3年の夏にはエースとして全国大会ベスト16入りを果たしています。
当時から最速137km/hを投げる本格派ピッチャーとして注目されていた菊地投手は、中学卒業後は、名門・常総学院へと進学しました。

高校時代

高校では1年夏から公式戦に登板。
1年夏の茨城県大会では、初戦の佐竹高校との試合で先発に抜擢されます。
4回を投げ、1安打無失点の好投で勝利に貢献。
その後、準々決勝と決勝ではリリーフとして登板し、いずれも無失点に抑えました。
しかし、チームは決勝で土浦日大に1対6で敗れ、甲子園出場はならず。

1年秋の茨城県大会では優勝!
続く関東大会では桐蔭学園5対7で敗れ、初戦敗退に終わっています。

1年生の11月に右肩を痛めますが、春には回復。
2年春の茨城県大会では背番号11を付けて登板。
4回戦の東洋大牛久との試合では自己最速の150km/hを記録し、8回4安打無四球無失点の好投を見せています。
準々決勝で常磐大高校戦では4回からリリーフで登板しましたが、6イニングで5失点と打たれ、5対6で逆転負けという悔しい思いをしました。

プレースタイル

菊地投手は最速150 km/hを投げる本格派のピッチャーです。
“石のよう”とたとえられる重い球質が武器。
冬場の練習では、手が痛くなるといってチームメートが菊地投手とキャッチボールするのを嫌がるほどです。
菊地投手本人が
「昨年は、(創志学園・西など)2年で150キロ投げる人を意識し過ぎて手投げになっていた」
と話すように一時期はスピードを追い求めすぎて、フォームを崩していた時期もありましたが、
常総学院・佐々木力監督
「下半身を意識して場面に応じたピッチングをしなさい」
というアドバイスで自分を取り戻し、コントロールの安定とスピードアップの両方を成し遂げました。

理想の投手は阪神・藤川球児投手。
動画を見て、下半身の使い方などを参考にしています。

【ドラフト2020候補】菊地竜雅の投球まとめ

まとめ

菊地投手は、中学3年で137km/h、高校1年の秋で144km/h、高校2年の夏で150km/hと順調に球速を伸ばしてきています。
この分ですと、高校在学中に150km/h台中盤は出しそうな勢いです!
このまま毛ガニだけは気を付けて、成長を続けていって、2020年のドラフトでは上位でプロ入りを果たしてほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする