高田琢登(静岡商)は父とともに甲子園を目指すドラフト候補のサウスポー! 

スポンサーリンク

静岡商業のドラフト候補・高田琢登投手。
中学時代には日本代表にも選ばれた経験を持つ最速148km/hを投げるサウスポーです。
父は静岡商業の監督を務めていて、父子鷹で甲子園出場プロ入りを目指しています。

プロフィール

名前:高田 琢登(たかだ たくと)
生年月日:2002年9月18日
出身:静岡県富士宮市
身長:177cm
体重:72kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親と姉
経歴:静岡市立清水船越小学校→静岡市立清水第二中学校→静岡商業高校

高田投手のお父さんは清水商業の高田晋松監督です。
静岡高校、筑波大学で活躍した強打者でした。
現役時代のポジションはキャッチャー。
さらに高田監督の父(高田投手の祖父)も若いころは野球をされていて、ポジションはキャッチャーでした。
この流れからいくと高田投手もキャッチャーをしそうですが、高田投手は初めてオモチャを握ったときから左手を使っていたそうで、
それを見た高田監督は
「これは左ピッチャーになるな」
と感じたといいます。
おもちゃを左手で使っただけで・・・!?、ちょっと親バカっぽくもありますが、ここまで、父の直感どおり、プロ注目のサウスポーとして順調に育ってきていますね!

小中学時代

高田投手は小学4年生から「船越リトルグリーンズ」で野球を始めました。
中学時代は、「蒲原シニア」でプレー。
中学3年の時点で最速139km/hを記録していた高田投手は、夏にはU-15日本代表に選出。
中卒でメジャーに挑戦した結城海斗投手や、来年のドラフト上位候補の東海大相模・山村崇嘉選手らとともにMCYSA全米選手権大会に出場し、優勝に貢献しました。

高校進学の際には早稲田実業や、東海大相模などの多くの強豪校から勧誘を受けますが、全て断り、父のいる静岡商業へと進学しました。

高校時代

高校では1年夏からベンチ入り。
1年夏の静岡県大会では2試合にリリーフ登板し、いずれも無失点に抑え、ベスト8入りに貢献しました。

2年夏の静岡県大会からはエースとしてチームを引っ張ります。
2回戦ではプロ注目の栗田和斗投手のいる知徳高校と対戦し、3安打10奪三振1失点完投勝利!
しかし、夏の暑さから体力を消耗し、連投となった準々決勝の駿河総合高校戦では10個の三振を奪うものの、10安打6失点と打たれ、3対6で敗れてしました。

夏の経験を教訓とし、2年秋の静岡県大会では力で押すピッチングから、コントロール重視のスタイルに変更します。
それでも、球速は自己最速の148km/hを記録し、チームの3位に貢献!
岐阜県で開催される東海大会出場を決めています。

プレースタイル

高田投手は最速148km/hを投げるサウスポーです。
変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップなど。
特にスライダーは驚異の切れ味を誇り、三振を奪うための大きな武器となっています。

報知高校野球11月号 静岡商(静岡)高田琢登投手

スカウトの評価

広島・松本スカウト
「来年が楽しみだね」

まとめ

まだ甲子園には出場していない高田投手ですが、はやくも来年のU-18日本代表に選ばれるのではないか?との情報もあります。
甲子園出場に、U-18日本代表プロ入りと夢が広がりますね。
来年の高田投手の活躍が本当に楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする