神里陸(東海大相模)はドラフト候補のキャッチャー!兄はDeNA神里和毅!父もすごい!

スポンサーリンク

東海大相模のドラフト候補・神里陸選手。

8歳上の兄は横浜DeNAの神里和毅選手です。

“野球センスは兄より上”と言われていて、その言葉を証明するように2年夏にキャッチャーに転向すると、秋にはあっさりレギュラーを獲得!

さらに秋季神奈川県大会優勝を達成しています。

プロフィール

名前:神里 陸(かみざと りく)
生年月日:2002年5月3日
出身:沖縄県島尻郡南風原町
身長:170cm
体重:74kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:南風原町立翔南小学校→南風原町立南星中学校→東海大相模高校

兄がプロ野球選手の神里選手ですが、実は父・昌二さんも若い頃、野球をやっていて、高校時代は、豊見城高のエースとして4度も甲子園に出場しています。

高校卒業後も社会人の名門・プリンスホテルでプレー。

しかし、社会人時代に負傷してしまい、野球を辞めざるをえなくなってしました。

その苦い経験から、兄の和毅選手が野球を始めるときは猛反対をしています。

しかし、和毅選手が猛反対を押し切って、野球を始めてからは、野球への情熱を取り戻したようで、弟・陸選手には幼稚園から野球を始めさせると、ビシバシとスパルタで鍛えあげました。

小中学時代

小学生時代、神里選手は「山川ミラクルズ」で軟式野球をプレー。

中学では学校の軟式野球部に所属。

中学3年生の時にはエースとして、全日本夏季軟式野球大会ベスト4入りを果たしています。

U-15日本代表

全国大会での活躍が認められ、神里選手はU-15日本代表に選出。

BFA U-15アジア選手権に出場しています。

アジア選手権では主にショート(とセカンド)を守り、優勝に貢献!

個人でもショートのベストナインを受賞しました。

高校時代

中学卒業後は、神奈川県にある東海大相模高校に進学。

高校では2年夏からキャッチャーに転向。

2年秋にはレギュラーを獲得し、秋の神奈川県大会優勝に貢献しています。

プレースタイル

神里選手は走・攻・守の3拍子そろったプロ注目のキャッチャーです。

キャッチャーで3拍子揃った選手はなかなかいませんので、貴重ですね!

特に足には自信を持っていて、U-15に選ばれた時にはアピールポイントとして“走力”を挙げていました。

このあたりは兄の和毅選手譲りと言ったところですね。

遠投や2塁送球の正確な記録は見つけられませんでしたが、
キャッチャーに転向した時のインタビューで
「自分の可能性を広げられた。肩が売りで捕手になったので、盗塁は全部刺せるようにしていきたい。投手にとって投げやすい、勇気づけられるような捕手になりたい」
と言っていますのでかなり強肩だと思われます。

打者としてはバットコントロールに優れた好打者。

中学時代には横浜スタジアムでホームランを打っています。

硬式球より飛びにくいとされる軟式球でのホームランはすごいですね。

【兄はDeNA神里和毅】東海大相模 神里陸(2年)3安打1打点の大活躍 俊足巧打の捕手 2019/9/15 桐蔭学園戦

課題は“配球”

これはキャッチャーに転向してまもないため、仕方ありませんね。

現在は野村克也さんの著書「生涯一捕手」を読むなどして日々勉強しています。

まとめ

神里選手世代の東海大相模は、山村崇嘉選手、西川僚祐選手、鵜沼魁斗選手、諸隈惟大投手とスター選手ぞろいで日本一を狙えるチームです。

しかし、日本一を目指すには扇の要のキャッチャーがしっかりしていないと始まりません!

2020年の甲子園で東海大相模が優勝できるかどうかは、神里選手の活躍がカギになってくると思いますね。

山村崇嘉選手についてはこちらを→山村崇嘉(東海大相模)は二刀流の強打者!テレビ出演の過去も!

西川僚祐選手についてはこちらを→西川僚祐(東海大相模)2020年ドラフト1位候補!高校通算最多本塁打の更新なるか?

鵜沼魁斗選手についてはこちらを→鵜沼魁斗(東海大相模)2020年高校ナンバー1外野手!名前の読みは?

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする