中山礼都(中京大中京)は1年から活躍するドラフト候補のショート!名前の読みは?

スポンサーリンク

中京大中京のドラフト候補・中山礼都選手。
名前の「礼都」「らいと」と読みます。
読みは「らいと」ですが、ポジションはショートですね。
非常に高い野球センスの持ち主で、中京大中京高橋源一郎監督のからは “身体能力・対応力の高さでOB・堂林翔太以上”と言われています。

プロフィール

名前:中山 礼都(なかやま らいと)
出身:愛知県名古屋市
身長:180cm
体重:80kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ショート
経歴:名古屋市立高蔵小学校→名古屋市立沢上中学校→中京大中京高校

小中学時代

中山選手は小学2年から軟式野球を始めました。
中学時代は、東海ボーイズに所属。
3年次にはチームの主力として、読売杯中日本大会で優勝するなどの活躍を見せいています。

高校時代

中学卒業後は、中京大中京高校に進学。
1年夏から控えとしてベンチ入りします。
1年秋の愛知県大会ではセカンドのレギュラーとして準優勝に貢献!
敗れたものの決勝の東邦戦では左中間へホームランを放っています。

続く東海大会では全3試合で6番・サードで出場し、ベスト4入りを果たしました。


2年夏の愛知県大会では3番・ショートで出場。
15打数10安打9打点、打率.667、ホームラン2本の活躍を見せましたが、準決勝で優勝した誉高校4対5で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

2年秋の愛知県大会では優勝!
続く東海大会でも優勝を果たしており、2020年春のセンバツ出場をほぼ確実なもとしています。

高校の同期のチームメイトには最速148km/hの本格派・高橋宏斗投手や堂林2世と評判のキャッチャー・印出太一選手のほか、西村友哉選手松島元希投手らそうそうたるメンバーがおり、甲子園でも優勝が狙えそうです!

高橋宏斗投手についてはこちらを→高橋宏斗(中京大中京)は2020年ドラフト1位候補のピッチャー!中日が指名?

印出太一選手についてはこちらを→印出太一(中京大中京)は堂林2世と呼ばれる強打のキャッチャー!

プレースタイル

中山選手はミート力に優れたプロ注目のショートです。
穴の無いバッティングで広角に鋭い打球を弾き返します。
高校通算15本塁打のパンチ力も魅力。

ショートの守備でも、50m6秒1の俊足を活かした広い守備範囲に加え、肩も強く三遊間の深い位置からも打者走者をアウトにします。
また、本職のショートのほかにも、セカンドサードも高レベルで守ることができます。

中京大中京高橋源一郎監督のからの信頼も厚く、“身体能力・対応力の高さでOB・堂林翔太以上”と言われています。

まとめ

愛知県には2019年のセンバツで優勝した東邦高校など強豪校がたくさんあるため、中山選手はこれまで甲子園に出場することができませんでした。
しかし、ついに2020年のセンバツに出場します!(予定)
中山選手のプレーは攻守において注目を集めるはずです!
今から、甲子園での活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする